スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半年に一度の楽しみ。



来ました。





R0010519_convert_20100131223045.jpg




『ドロヘドロ 最新14巻』 著者:林田球 発行:小学館





色々と新刊が出たら買っている漫画がある私ですが、




ハッキリ言って一番楽しみにしているのが、




この『ドロヘドロ』です。




断言できます。







「何かオススメの漫画ある?」




と聞かれたときにまず挙げるのが、




この『ドロヘドロ』です。




間違いないです。





で、何でそこまで好きなのかと聞かれたら、




これが困る。




別に人生の糧になる言葉が詰まってるわけでもなく、




ボロボロ泣けるシーンがあるわけでもない。




逆に「絵柄が特徴的でグロいシーンもあるから人を選ぶかもね。」




と否定的なことを言ってしまいたくなる。





でもね、本当に一度読んでみてください。




登場する全てのキャラクターが魅力的で、




主人公はいるけど正義と悪とのハッキリした区別は無くて、




激しくてゆったりしてて残酷でコミカルな読み手を飽きさせないストーリー展開。





いやもう何を書いてもこれの魅力を伝えきれた気がしません。




実力不足です、すいません。





とりあえず今回の新刊も最高でした。




また半年後を楽しみに過ごします。




ではまた。
スポンサーサイト

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。