スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の美。

R0010547_convert_20100211213925.jpg

『へうげもの』 著:山田芳裕 出:講談社




「したたかな人」という言葉を聞くと、



“ずるがしこい人”“要領がいい人”などの



あまり良いイメージがわかないものですが、



実際「したたか」という言葉は



漢字にすると「強か」という字になるように



“強く生きている人”というような意味を持って生まれたようです。





そんなこの漫画の主人公「古田織部」が生きた戦国時代と呼ばれる時代、



強大な力を前にしても言葉を曲げず死を選ぶ生き方よりも



強い志を心に秘めて、



いつか来るその機会まで生きる為、



己を殺し、本音を漏らさず、耐え忍ぶことこそが、



本当の強さとして評されていたのでしょうか?



鳥頭の考えることなので間違ってるかも知れませんが…。





そして時代も変われば価値観も変わる今日この頃、



新しい価値観も良いですが、そういう昔からの価値観が失われるのも悲しいな…




というようなことを悶々と考えたりしていた今日でした。




といっている間にもうオリンピックが始まることを今日知りました。



是非日本人選手には“強かに”頑張っていただきたいと思う次第、



岐阜の田舎から役に立たない応援をしております。




というわけで全然コミックの説明をしていない気がしますが



いつものことです。




明日明後日のブログはお休みします(バレンタインは引きこもりたい気分)。




ではまた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vvsouthside.blog61.fc2.com/tb.php/149-954fd735

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。