スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなみんな生きているんだが友達ではない。




R0010863_convert_20100919194304.jpg


『生きる 2010』 根本敬



シリアスな漫画を描き続けるのも大変だが、


ギャグ漫画を描き続けるのはもっと大変という話を


どこかで耳にしたことがある。



毎回読者を笑わせなければいけないというプレッシャーを背負って


連載していく内に壊れてしまう漫画家さんが少なくない、そんなギャグ漫画の世界。



ペンを置いてしまった方、行方知れずになってしまった方もいるだろう。



そんな中壊れず、壊れてもギャグ漫画家を続けてる漫画家さん達がいる。


そうするとどうなるのか。




突き抜けるのである。




何を突き抜けるのか、どこに突き抜けるのかは私には説明できない。


突き抜けたことがないから。


ただただ突き抜けてるなという表現しか思いつかない世界がそこにある。



根本敬先生も私が思う突き抜けてしまった尊敬する漫画家の一人である。



そんな先生の最新単行本『生きる2010』。



ミミズだって


オケラだって


アメンボだって


根本敬だって


スタッフF田だって



生きてるんだから皆も生きよう!生きるって素晴らしい!



という上から目線のあの歌の気分を味わいながら読んでください。




というわけで



また。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vvsouthside.blog61.fc2.com/tb.php/312-af9e9ce5

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。