スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唇の皮がベロンベロンになってきました、秋ですね。




誕生日やら結婚式やらでラッピングを頼まれるお客さんが


多いなと感じる今日この頃、


まとめておめでとうございます、F田です。




というわけで今日も今日とてコミックの紹介↓






『018(ラブエイティーン)   宮川輝




自我に目覚めたスーパーコンピューターと人間との争いを描いた


SFコミックです。



その争いにある理由で巻き込まれる、


というか争いの渦の中心に置かれる主人公(♂)と


そんな彼を守るために戦うヒロイン(女子高生)。



スカートの短い制服姿で女子高生が


走る!飛ぶ!撃つ!


高い画力で様々なアングルから描かれる迫力ある戦闘シーン、


躍動する女子高生、


当然そんなに動けばパンチr・・・・




無い!


パン○ラが無い!



たまにあるが全く力が入ってない!



パンチラ、胸の谷間etc...それらの要素で売れる部数が大きく変わる、


よって必要以上にそれを導入してしまう漫画が目立つ


そんな現在の漫画界の風潮に遺憾の意を表明するかのような、



「俺が見せたいのはそれじゃねーんだよ。」



という作者、宮川輝先生の読者に向けた強いメッセージさえ


私は自分勝手に感じてしまうわけです。



これにはさすがのパン○ラ等が大好物な私でも


男や!


あんたほんまもんの男や!


と称賛の拍手を送らざるを得ないわけで。



これで2巻でやけにパンチ○に力が入っていたら


笑うしかないですが、


またひとつ続きが楽しみな漫画が増えました。



というわけでパ○チラのことばかりで


全然内容に触れてない気がしますが


いつものことです。


ちょっとでも気になったら読んでみてください。



ではまた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vvsouthside.blog61.fc2.com/tb.php/319-1c54e17e

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。