スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミック『少女ファイト』

少女ファイト 日本橋ヨヲコ 講談社
『少女ファイト 第6巻』 10/23発売 著者:日本橋ヨヲコ 出版社:講談社



はじめましての方は、はじめまして。


そうでない方は、こんにちは、こんばんは、おはようございます。


スタッフF田です。



さて、本日23日は何かもう色々とコミックの最新刊が発売されてまして、


『聖☆おにいさん』、『GIANT KILLING』、『きのう何食べた?』etc...



まとめて紹介は無理なので


焦らず1日1冊紹介していこうかと思います。



と、いうわけで今日は日本橋ヨヲコ先生の『少女ファイト』。



高校バレーを題材にした、日本橋ヨヲコ先生らしい熱い、熱すぎるスポ魂漫画。



個人的意見ですが日本橋ヨヲコ先生は


『過去のトラウマを乗り越えて成長する人の姿。』


を描き続けていると。



この少女ファイトも各々個性的で魅力的なキャラクター達が、


助け合い、トラウマを乗り越え、


成長していく姿が物語の軸となっています。




さて、最新6巻。


一言でまとめると、



「G戦場ファン、感涙!!」



です。


「G戦場??」という方に説明すると、


日本橋ヨヲコ先生の前作に


G戦場ヘヴンズドア 日本橋ヨヲコ 小学館
『G戦場ヘヴンズドア 全3巻』 著者:日本橋ヨヲコ 出版社:小学館


という漫画がありまして、


漫画家を目指す2人の若者の話なのですが、


日本橋ヨヲコ先生の代表作!日本橋ヨヲコを読むならまずはこれから!


と言っても間違いない傑作です。



で、その名作『G戦場ヘヴンズドア』で物語の中心だった


『町蔵』、『鉄男』、『組子』の3人が、


『少女ファイト 6巻』で成長した姿を見せてくれるんです。
(1~5巻でも名前が出てたり、ちょろっと出たりはしてましたが)


これは日本橋ヨヲコ先生が書く漫画の特徴のひとつで、日本橋先生は


タイトルは違えど自分の書いた漫画は同じ世界を共有していると考えているので、


こうして旧作のキャラクターが成長した姿で登場するんです。



「最終回を迎えた物語の登場人物の、その後が見れたら嬉しい!」



と、思うのは私だけでしょうか。



ともかく最新6巻、本当に楽しむためには


「G戦場を読め!損はさせない!」


という結論に私はなります。



そろそろお店が閉店時間、片づけを始めますので、


今日はこの辺で。


ではまた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vvsouthside.blog61.fc2.com/tb.php/65-53d4b9e0

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。