スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍なる本屋が出来ること。

R0010382_convert_20091109195148.jpg

『ちんまん ~中村珍短編集~』 著者:中村珍 出版社:日本文芸社 ¥590(税別)


中村珍先生の初単行本。


まず始めに中村珍先生はこんな素敵な名前ですが女性です。




さて、もう見た感じ「あぁ下品なマンガが描いてあるんだろうなぁ。」


と思わせるタイトルと表紙ですが、


1話目は


“ところ構わず発情してしまう”


という病気を患った女子高生の話だったりしますが、



他にはグッときたり、シンミリさせる話もあったり、


人間の人間臭さを描く漫画家さんなんだろうと


個人的に思ったりしています。




さて、中村珍先生のこの本、


押したい理由は他にもありまして、



中村珍先生、


以前『モーニング・ツー』という雑誌で


『羣青(ぐんじょう)』という作品を連載しており、


マンガ好きの中にファンが多数いたわけですが、


突然打ち切り終了してしまいまして、
(理由は明らかになっていません。)


ファンが悲しみにくれるということがありました。
(単行本の発売もされないそうです。)




そんな中で刊行されたこの短編集、


これが出版社の予想以上に売れればもしかしたら


連載再開や単行本発売につながるかも…。


という思いもこもっております。



まぁ当店だけが頑張ってもそんなことになる可能性は0ですが、


たぶん全国のヴィレッジで同じ思いのコミック担当者さんが


各店でやったら…と考えると可能性は大きくなるかと。


実際この単行本を押すヴィレッジ、じょじょに増えてます…と、思います。



というわけで『ちんまん』、


ご来店の際は第一話だけ読めるようにしておきましたので、


まずは気軽に立ち読んでみてください。



そんなわけで今日はこの辺で。


長くなったのでゆるキャラはお休みです。


ではまた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vvsouthside.blog61.fc2.com/tb.php/77-16a6a697

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。