スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大体の料理はとろけるチーズ入れると美味い。

R0010383_convert_20091110203513.jpg
『とろける鉄工所』 著者:野村宗弘 出版社:講談社


現在第3巻まで発売されているコミック『とろける鉄工所』。




マンガの世界では、



・今まで誰も手を出さなかった、又は題材にしなかった。


・何人かの漫画家さんがそれに挑戦したけど売れなかったため、避けられるようになった。



そんなジャンルにあえて飛び込むことでヒットを生む。


そういうヒットの法則みたいなものがあると思います。



代表的なのは今まで実績がなかったバスケットボールという題材で


大大ヒットを飛ばした『SLAM DUNK』でしょうか。




というわけで『とろける鉄工所』。



今まで誰も扱わなかった、



というか扱おうとも思わなかったであろう


“鉄工所”という環境を題材にしているにも関わらず、




「溶接の火花はいろんな所に飛ぶし、いろんな服の隙間入って熱い!」


とか、


「鉄工所で働く人達は鉄粉を吸い込みまくっているから鼻の中が真っ黒!」



などの経験者しかわからないであろうネタ満載の内容にも関わらず、



売れております。


ひとつひとつの鉄工所ネタもわかりやすくしてくれているので、


知らない人でも笑えると思います。



ただ1巻を読んでいて、ひとつ気になったのが、


毎ページの隅に編集(?)の人でしょうか?


作者ではない出版社の人のコメントが書いてあって、




それが面白くも何ともなくて、ものすごく邪魔です。




ただその邪魔な文章も2巻以降は


私以外にも不満を漏らす人が多数いたのか


無くなっていますので、



1巻のそこだけ我慢していただければ、


楽しんでいただけるのでは、


と思う次第。



というわけで『とろける鉄工所』。


当店1巻のみ立ち読めるようになってますので、


まずは気軽に立ち読みに来て下さい。



ではこの辺で(今日もゆるキャラは無しで)


また。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vvsouthside.blog61.fc2.com/tb.php/78-ef1131d3

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。